潜水遊戯

カテゴリ:ハンマー( 25 )


知っていましたか?カロライナハンマーヘッド。

2013年11月、アメリカサウスカロライナ大学のジョー・クワトロ(Joe Quattro)教授らの研究チームは、アカシュモクザメの標本を詳細に分析した結果、外観はアカシュモクザメに非常に似ているものの遺伝子レベルで異なる新種のシュモクザメを発見した。このように形態的分類が困難な生物は隠蔽種(英:cryptic species)として知られ、英名で「カロライナ・ハンマーヘッド」(英:Carolina hammerhead)と名付けられた今回の新種もそのひとつである。今回の研究論文は、電子ジャーナル「Zootaxa」(英:Zootaxa)に発表された[5]

Wikipediaより。

ダイバーの目視、ましてや、主観では100%不可能。
学術的調査なくして、水中世界の進展はないと考えています。

a0254014_19314853.jpg
a0254014_19325999.jpg
a0254014_19331746.jpg


[PR]

by komeiinose | 2017-07-23 19:07 | ハンマー | Comments(0)

胎生

lorida Program for Shark Research
a0254014_7181981.jpg

a0254014_7184563.jpg


胎仔は子宮内で卵黄の栄養分を使いながら大きくなる。雌は9 - 10 ヶ月の妊娠期間を経て、12 - 38 尾の子どもを産む。産まれたばかりの子どもは40 cm 前後。

ハワイなどでは大きなサメが入ってこない島の浅瀬などに子どもの「保育所」があり、しばらくの間はそこに留まって成長する。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%A2%E3%82%AF%E3%82%B6%E3%83%A1

https://www.flmnh.ufl.edu/fish/sharks/fpsr/repro.htm
[PR]

by komeiinose | 2014-07-30 07:20 | ハンマー | Comments(0)

肉体言語

a0254014_742371.gif

サメの意思疎通手段の一つは「ヒレ言語」

http://www.geocities.co.jp/NatureLand-Sky/4515/biology.htm#hammer kopf
[PR]

by komeiinose | 2014-07-28 07:39 | ハンマー | Comments(0)

その2


[PR]

by komeiinose | 2014-07-23 07:24 | ハンマー | Comments(0)

hosyoku


[PR]

by komeiinose | 2014-07-23 07:02 | ハンマー | Comments(0)

さてと

2010年 6・4
2011年 6.9
2012年 6.15

2013年5.14

初群れ今期は例年より1ヶ月早い様ですね。
去年の6月のログをチェック。
a0254014_9182290.jpg

[PR]

by komeiinose | 2013-05-15 09:20 | ハンマー | Comments(0)

どうして目が離れたか。

立体視を手に入れた。
被捕食者となる要素を減らし。狙われる側より狙う側として生きることを選んだ結果。

a0254014_226873.jpg

狩る側に回った肉食動物は、敵を警戒する広い視野よりも、獲物との距離感を正確に掴めた方が、狩りの成功率を上昇させ、生存率を高める事ができたのです。

[PR]

by komeiinose | 2012-09-12 22:07 | ハンマー

究極

単性生殖
単性生殖で出産したシュモクザメがいる事が確認された(2007年5月23日付「Biology Letters」電子版による)。
アメリカネブラスカ州の動物園「Henry Doorly Zoo」の中にある水族館において、メスだけで飼われていた3匹のシュモクザメのうちの1匹が2001年12月に出産(3年間、オスと接触していない)。
なお、サメのメスは、オスの精子を6カ月以上体内に保存している事が可能である。
生まれた子どもは別の魚に殺されてしまったが、残された細胞のDNAを分析したところ、父親のDNAの形跡は全く存在せず、母親のDNAだけ引継いでいた。
以上は、フロリダ州のNova Southwestern Universityと、北アイルランドのQueen’s University Belfastの研究者らの共同研究によるもの。
共同研究者の一人で、フロリダ州Nova Southwestern UniversityのGuy Harvey Research InstituteのMahmood Shivji所長は、「これまでにも、オスのいない環境でサメが出産した事例が何件か報告されていた」と述べている。



[PR]

by komeiinose | 2012-09-12 21:54 | ハンマー

Shark_Head

a0254014_2134155.jpg

[PR]

by komeiinose | 2012-09-12 21:34 | ハンマー

無題

a0254014_21264175.jpg

[PR]

by komeiinose | 2012-09-12 21:27 | ハンマー